Blog

先日、甲府商工会議所のセミナーで、キャッシュフロー経営についての講演を聴いてきました。

経営をする場合、どうしても損益計算書の「利益」を重要視していきがちですが、実際の『キャッシュ』がどれくらい用意されているか、ということは、今のような時代にはとても大切です。黒字倒産ということもありますから。

今回このセミナーを聞いて、あらためてキャッシュフロー表を作成して、それに基づいた経営をしていくことの重要性を感じました。やはり、キャッシュフローを常に念頭に置いた経営が必要ですね。

(参考)弥生会計では、法人の場合、キャッシュフロー表を作成することができます(プロフェッショナル版)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

コメントは利用できません。

弥生教育パートナー

★アシストプロジェクトは、弥生教育パートナーに認定されております。
ロリポップ  PC市場